XサーバーでMySQL5.0とMySQL5.5が混同している場合の移行方法

副業日誌

今回は結構面倒くさい作業をしたので、メモしておきます。

私の場合、XサーバーのX20プランを契約しているのですが
本来であればMySQLは70個まで利用可能です。

が、私のようにMySQL5.0と5.5が混同していると50個までという制限が掛かってしまいます。
MySQL数が50個に到達した時点で、ワードプレスを追加しようと思っても不可能となります。

ではどうすれば解決できるのか?

ざっくり申しますと、

  • MySQL5.5を全てバックアップ
  • MySQL5.5を全て削除する
  • ⇑この際ユーザーも全て削除する
  • MySQL5.0だけになったら移行ツールを使ってMySQL5.5に移行する
  • 削除したMySQL5.5を改めて追加する
  • ⇑この際ユーザーも全て追加する
  • myphpadminにログインしてインポートする

ざっくり説明するとこんな感じです。

バックアップはXサーバー内で簡単にできます。
削除する時はユーザーも削除することを忘れずにです。
移行ツールを利用しての移行作業も案内通りでOKです。

面倒くさいのはココからです(笑)

私の場合はFTPソフトを利用しましたが、事前準備すると便利な物をご紹介。

  • FTPソフトを利用して、削除したMySQL5.5のサーバ名・ユーザー名・パスワードをメモしておく(wp-congif.phpを開くと記載があります)
  • できればサイトURLもセットでメモしておく

サーバ名やユーザ名は自動で振り分けられるのが一般的でしょう。
となると「このサーバ名はどのサイト??」って事になるのも一般的。
ですので、サイトURL・サーバ名・ユーザー名・パスワードをセットでメモして下さい。

んで、最初に起こる問題として
5.5に移行したサイトも「接続確立エラー」で見れなくなるという事

この場合、解決方法はほとんどの方が一緒で
wp-congif.php内のホスト名の修正で解決します。

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘mysq◯◯◯a.xserver.jp’);

全サイトのwp-congif.phpを開いて、赤字の「a」を追加し、アップロードします。

最後の「myphpadminにログインしてインポートする」については、サブドメイン毎の設定になりますのでかなり面倒な作業となります。
ワードプレスをインストールしている数だけ作業をしなければなりません。

その際、いちいちwp-congif.phpを開いてコピー&ペーストが面倒なので、上記のようにメモをとっておくととても便利です。

分からないことがあれば、コメントにてお願いします♪

コメント